MENU

もしもマイカーローンを滞納したら

車に限らずローンを組む場合というのは「もしも払えなくなってしまった場合のこと」というのを考えてあります。

 

お金を借りる場合に保証人が必要になることに変わる、なんかしらの対策が取ってあるというわけです。

 

車のローンの場合は、ローン会社が車の所有者になっています。つまり持ち主はローンを払っているあなたではなく、お金を貸してくれている会社ということです。

 

もしもその返済が滞ってしまったら、もちろん最終的には車は没収されてしまいます。さらに返済出来なかったということでペナルティもあります。

 

マイカーローンが組めなくなるブラックリスト入り

ローンを組めるということはあなたに信用があるから、お金を貸すことが出来ますよ、ということなんです。

 

その信用を失うと当然お金は借りることができなくなります。

 

つまり金融機関のブラックリストに載ってしまうということです。ブラックリストの情報は一般の人は見ることが出来ませんが、信用情報機関は閲覧をして審査するので、他社でお金を借りようとしてももうどうにもなりません。

 

当たり前といえば当たり前なのですが、信用を失うということは想像しているよりも社会的に厳しい評価を受けることである、としっかり認識しておく必要があります。

 

信用,ブラックリスト

 

ブラックリストに掲載される期間

ブラックリストに掲載されてしまうと一生消えないというわけでもありません。

 

一般の人が見ることが出来る情報ではありませんし、その詳細についても詳しく知ることは出来ません。

 

実際にブラックリストに掲載された人も数年経つとローンが組めるようになったという話もありますので、その情報から推測をするとおよそ7年くらいではないか、と言われています。

 

中には5年という人もいますし10年という人もいます。審査をする期間の厳しさ持ちがいますし、返済を滞納した額によるのかもしれません。

 

いずれにせよ数年間ブラックリストに載ってしまうことは、ローンを組めなくなるということで大きな買い物を購入する機会を失うということです。

 

マイカーローンを滞納するとクレジットカードも作れなくなる

信用情報に傷がつくということはよくお分かりになられたのではないでしょうか?

 

マイカーローンを払えなくなってしまったというペナルティとして自分の戒めのためにも、ローンが組めなくなるのは仕方ないな、と反省される方もおられるとは思います。

 

ですがクレジットカードも同様に作る場合には信用が必要です。必ず審査が入るというのはご存知だと思います。

 

あなたが働いている就業先や就業期間、また年収などの情報が審査には必要になりますよね。

 

ブラックリスト,期間,審査

 

当然ながら過去に返済を滞納していないかという情報をブラックリストから調べることになります。

 

なのでクレジットカードも作成することは出来ません。

 

今はいろんなお得なキャンペーンを各社行っていますのでクレジットカードを作るのは、メリットも得られることがあります。

 

この機会も失うということをしっかり知っておきましょう。

 

ブラックリストに載ることだけは避けたいなら

一度信用を失うと取り戻すのは大変です。特にお金の貸し借りは会社としてもシビアです。

 

出来ることならばマイカーローンを払えないことによる、ブラックリストへの掲載は避けたいですよね。

 

少しでも支払いの見通しが厳しいと感じたらすぐに対策を取ることが得策です。

 

こちらの解決法をぜひご参考にされてください。

 

マイカーローンが払えない時の対策法